口腔外科

口腔外科

口腔外科とは口内、顎、顔ならびにその周りに現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。歯が原因となるものから、その他様々な疾患に対応しています。また外傷、その他外科的疾患のほかにも、内科的疾患も含まれます。食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害に加えて審美的な障害も生じます。

治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復するお手伝いをするのが口腔外科です。
当院では、大きな病院との強い連携を持っており、紹介等の対応をスムーズに行うことができます。

親しらずの治療について

親しらずの治療は、まず 親しらずを抜くか抜かないかを判断します。

噛み合う歯(上なら下、下なら上)が無かったり、斜めに生えて噛むことができないのに、虫歯や歯周病になり腫れたり痛くなる場合は、歯としての働きより悪影響を与える為だけにあるので抜いてしまう可能性は高くなります。

虫歯になっても、噛む働きをしている場合は、虫歯が大きくなければ、治療して残すこともあります。抜くことになる親しらずの多くは「咬む」という本来の働きをせず、口の中で問題ばかり起こす場合が多いです。
早めに歯医者さんでチェックを受けて、確認してもらうことが大切です。

概算治療費はこちら