審美

審美歯科について

審美

審美歯科は、歯を白くする、被せ物の材質に白いセラミックなどを使用するというだけではありません。
たとえば被せ物なら、見た目が天然歯に近いのはもちろんですが、被せ物と歯茎が調和して、被せた歯自体が長持ちしなければなりません。

また、現在は材質も年々進化しており、様々な特徴をもったものがあります。
それぞれの材料に一長一短がありますので、患者様の生活スタイルやご要望に応え、それぞれに最も良い材質を選択する診断も重要です。

そのためには、歯の治療、型取り、製作する技工士さんとの話し合いなど、すべての工程が重要です。
また、従来からの基本的知識はもちろんですが、刻々と変化する技術にすばやく適応するため、医院としても常に勉強し続ける必要があります。

当院ではより美しく、歯茎と調和した自然な審美歯科治療を心がけており、そのために院長、スタッフ共日々厳しい研鑽を積み重ねております。

被せ物など、歯の治療に使用した金属(歯科金属)が原因で、金属アレルギーを起こす場合があります。

歯科金属によるアレルギー症状は、お口の中の粘膜の荒れに限らず、一見口の中とは関係が無さそうな、全身の皮膚のかゆみや湿疹を引き起こすことがあります。
金属イオンが長い間に少しずつ溶け出し全身に広がり、アトピーなどの様に体が反応して歯科金属アレルギーを引き起こす場合があるのです。

歯科金属アレルギーの治療法としては、金属を生体親和性のよい金属を使う、お口の中の歯科金属を除去して、セラミックなどの非金属に変えることなどがあげられます。

忘れがちなのが、差し歯の土台などになっている銀の心棒で、これは、ファイバー樹脂の心棒に交換が可能です。
ファイバー樹脂の心棒は、金属イオンが出ないだけでなく、金属より弾性があり、歯の根の割れの原因になりにくいなどの利点があります。

概算治療費はこちら