虫歯

治療済みでも虫歯が再発するわけは?

af9920060682l

一般的な虫歯の治療は、むし歯を削った後の穴に、樹脂や金属などの詰めもので穴をふさぎますが、治療したはずの歯が、再び詰めものの奥に虫歯が出来ていた経験ありませんか?どうして自然に詰めものの奥が虫歯になることがあるのでしょうか?

詰めた歯の中が虫歯になる原因

一般的に虫歯を取ったあと、詰めものを詰めた場合、その後に内部が自然に虫歯になることはありません。
もし虫歯になってしまった場合には、次のようなことが原因です。

別の場所からの虫歯の侵入

たとえば、歯の咬み合わせ面(上面)だけに詰めものが入っている場合、歯と歯の間などの(側面)表側や見えない場所から新たな虫歯菌が入り込み、以前詰めた部分の奥に虫歯が進行することがあります。

詰めもの周囲からの虫歯の進入

詰めもの人工物自体は決して虫歯になることはありません。しかしその周囲が虫歯になると詰めものの奥にも虫歯が進行することがあります。

外れかかった金属周辺からの虫歯の進入

歯に金属などがはめ込まれている場合、セメントなどの劣化が原因で、金属が完全に外れることなく僅かに「カタカタ」と動いている場合、僅かな隙間から虫歯菌が入り込み、金属の下に虫歯を作ることがあります。

被せてしまえば虫歯にならない?

人工物は虫歯になったりしないため、歯の表面を全て覆ってしまう、被せるタイプの治療を行なえば、歯の表面からの虫歯は完全に防ぐことが出来ます。ただし金属の表面から虫歯にならなくても、金属と歯の境目は注意が必要です。
どのような被せ物でも必ず境目があり、多くの場合その場所は、歯と歯茎の境日付近に重なります。歯に金属やセラミックなどを被せた場合は、歯の表面よりもむしろ歯と歯茎の境日となる歯の根元にブラッシング時の意識を集中させましょう。

概算治療費はこちら