治療案内

審美

審美歯科は、ただ歯が白くなる、被せ物の材質を白いセラミックなどを使用するというものではありません。
たとえば被せ物なら、見た目はもちろんですが、被せ物と歯茎が調和していて、被せた歯自体が長持ちしなければなりません。
また、現在は材質も年々進化しており、様々な特徴をもったものがあります。
それぞれ一長一短がありますので、患者様それぞれにに最も良い材質を選択するという診断も重要な要素です。
そのためには歯の治療、型取り、製作する技工士さんとの話し合いなど、すべての工程が重要です。
また、従来からの基本的知識はもちろんですが、刻々と変化する技術にすばやく適応するため、医院としても常に勉強し続ける必要があります。
当院ではより美しく、歯茎と調和した自然な審美歯科治療を心がけており、そのために院長、スタッフ共日々厳しい研鑽を積み重ねております。

歯周病

歯周病はなかなか自覚症状がないので気づいていない方が多いですが、実際は多くの方が罹患しているのが現状です。
歯ぐきに炎症がある状態で、むし歯の治療をしても 出血してつめものや被せものが外れやすくなったり、麻酔が効きにくかったり、治療後の痛みも出やすいので、当院では、痛みがある場合でなければ、先に歯ぐきをひきしめるための治療から先に行っていきます。その際、歯磨きのチェック、練習といったことも行います。

予防歯科

これから歯が悪くならないように、 定期的に検診、クリーニングを受けていただくことが大切です。
もう痛い思いや嫌な思いをしないように、 患者様が予防のために気持ちよく通っていただける医院を私たちは目指しております。

歯が抜けたとき

歯を抜けたままにしておくと、抜けた分だけ噛む力が低下するばかりでなく、抜けた歯の周りの歯が移動するので上下の噛み合わせが悪くなり、どんどん噛む力が弱まってしまいます。
当院では口腔内の検査を入念に行い、入れ歯、インプラント、ブリッジなど、患者様にあった最良の治療を提案いたします。
歯を作成する技工士さんも専門的な技術を持った方が担当し、歯との適合精度や調和も考慮し、審美的、機能的に優れた歯を提供いたします。

インプラント

インプラントとは顎の骨に人工歯根を植え込み、それを土台にクラウン(かぶせもの)やブリッジ、入れ歯を取り付ける治療です。
成功すれば違和感なく噛めるようになります。
当院では術前に必ず、CT撮影による診断を行い、安全で確実なインプラント治療を行っています。
また、骨量が不十分のため、他院ではできなかった症例も対応させていただいています。
また、インプラントを維持していく上でプラークコントロール、定期検診はとても重要ですので、お口の衛生管理ができない方にはインプラントは不向きでしょう。

義歯

義歯とは、一般的にいう入れ歯のことで、歯を失ってしまった部分を人工の歯で補うことです。
部分入れ歯、総入れ歯の2種類があり、欠損歯の本数によって部分入れ歯または総入れ歯を使用します。取り外し式の入れ歯ならではのケアの仕方や維持の方法を丁寧に説明いたします。

根管治療

根管治療とは、専用の器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を除去し、歯の根の病気を治療・予防するものです。
虫歯が歯髄まで進行した場合や、根の病気になってしまった場合には、根管治療が必要になります。
残らず取り除いてしまわない状態で、クラウン(差し歯・かぶせ物)をかぶせてしまうと、後々細菌が増殖し、悪化してしまうこともあります。
悪化してしまった場合には、ほとんどのケースで治療した際の詰め物などを作り直さなければならず、最悪の場合は抜歯になってしまうこともあります。
当医院では歯科用拡大鏡やマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用して、再発しにくい丁寧な治療を心がけております。

虫歯

歯ぐきの状態がある程度良くなってから、むし歯の治療を行っていきます。
できるだけ、痛みがなく、安心して治療を受けて頂けるよう丁寧な治療を心がけております。
また、つめものや被せものをする場合、どのようなものにするのか患者様に選択して頂くために カウンセリングを行います。
「他院にて勝手に銀歯にされた」といった声を聞くこともありますので、当院では、必ずカウンセリングを行い、患者様のご希望にそえるよう心がけております。

根管治療

口腔外科とは口内、顎、顔ならびにその周りに現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。
歯が原因となるものから、その他様々な疾患に対応しています。
また外傷、その他外科的疾患のほかにも内科的疾患も含まれます。
食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害に加えて審美的な障害も生じます。
治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復するお手伝いをするのが口腔外科です。
また、大きな病院との強い連携を持っており、紹介等の対応をスムーズに行うことができます。

親しらず

親しらずの治療は、まず 親しらずを抜くか抜かないかを判断します。
噛み合う歯(上なら下、下なら上)が無かったり、斜めに生えて噛むことができないのに、虫歯や歯周病になり腫れたり痛くなる場合は、歯としての働きより悪影響を与える為だけにあるので抜いてしまう可能性は高くなります。
虫歯になっても、噛む働きをしている場合は、虫歯が大きくなければ、治療して残すこともあります。抜くことになる親しらずの多くは「咬む」という本来の働きをせず、口の中で問題ばかり起こす場合が多いです。
早めに歯医者さんでのチェックを受けて、確認してもらうことが大切です。

金属アレルギー

歯科金属での金属アレルギーは、お口の中の粘膜の荒れとは別に、全身の皮膚のかゆみや湿疹を引き起こすことがあります。
歯科金属を使用している場合、金属イオンが長い間に少しずつ溶け出し全身に広がり、アトピーなどのように体が反応して 歯科金属アレルギーを引き起こしてしまうからです。
歯科金属アレルギーを引き起こしやすい歯科金属と、歯科金属アレルギーを引き起こしにくい歯科金属があります。
歯科金属アレルギーの治療法の代表的なものは、お口の中の 歯科金属をすべて除去して、非金属の材料に変える治療法です。
忘れがちなのが、差し歯の土台などになっている銀の心棒で、これは、ファイバー樹脂の心棒に交換が可能です。
ファイバー樹脂の心棒は、金属イオンが出ないだけでなく、金属より弾性があり、歯の根の割れの原因になりにくいなどの利点があります。

矯正

矯正歯科(歯列矯正)とは、ガタガタの歯並びや出っ歯などを、きれいな歯並びにする治療です。
矯正には様々な方法がありますが、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく「ワイヤー矯正」が最も一般的な矯正法です。
当院では、矯正治療に関しては矯正専門医が行っており、治療前には、専門医より治療についての詳しい説明があります。
説明内容はただいいことばかりを並べる事なく、治療中に起こり得ることなども説明いたしますので、治療内容を十分知ることができます。
矯正治療についての相談も受け付けておりますので、ぜひご相談ください。

概算治療費

治療法 単価(税別) 治療法 単価(税別)
セラミックインレー 40,000 〇インプラント
セラミックアンレー 50,000 CT撮影(直方中央病院)
ハイブリットインレー 30,000 画像処理,診断料(片顎) 20,000
ハイブリットアンレー 42,000 画像処理,診断料(両顎) 30,000
ゴールドインレー 35,000 サージカルステント(片顎) 50,000
ゴールドアンレー 45,000 インプラント埋入手術 200,000
ジルコニアクラウン 120,000 サイナスリフト 100,000
オールセラミック 110,000 ソケットリフト 50,000
メタルセラミック 90,000 骨移植材 50,000
ハイブリットセラミック 60,000 〇インプラント上部構造
ゴールドクラウン 70,000 セラミック冠 150,000
硬質レンジ前装冠 30,000 金属冠 140,000
部分義歯(レジン床) 150,000 〇歯周治療・再生治療
部分義歯(コバルトクロム床) 250,000 エムドゲイン 50,000
ノンスクラプ義歯(1-4歯) 80,000 骨移植材 50,000
ノンスクラプ義歯(5-8歯) 120,000 〇矯正
ノンスクラプ義歯(9歯) 160,000 検査料 30,000
フルバランスド総義歯 250,000 診断料 20,000
総義歯(コバルトクロム床) 250,000 装置料(専門医による) 500,000
総義歯(チタン床) 300,000 部分矯正(簡単なもの) 20,000
マグネット加工 50,000 部分矯正(困難なもの) 50,000
ムーシールド 40,000
ホワイトニング(1顎) 20,000
ブリーチング(1歯) 10,000
歯肉メラニン除去 5,000

上記金額はあくまで概算となっており、治療内容、処置内容によって金額が変動致します。